センター直前期の過ごし方 | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2018年 1月 5日 センター直前期の過ごし方

こんにちは。担任助手の三枝です。皆さん、良い年末年始をお過ごしでしょうか。受験生はもちろん、今年受験しない人も無理のない程度に勉強してライバルに差をつけられるといいですね。

 

さてさて、本日のブログテーマは「センター直前期の過ごし方」ということで、表題について話していこうと思います。これから僕のセンター前の過ごし方を話していきますが、正直センター直前期の過ごし方の正解は人それぞれだと思うので、参考例にしてください。決して鵜呑みにしないように。

 

僕の12月センター模試の結果 はあまりいいものでなく、特に暗記科目において点数が取れていませんでした。そこで、今まで受験した模試をかき集め、点数が取れなかった教科を一気に見直し、復習しました。

 

ここでキーになるのが模試の解説冊子です。あの冊子、実は教材としてかなり使えるんです。例えば選択肢から正解を1つ選ぶ問題。当然どれが答えなのかは載っていますが、解答冊子には他の選択肢がどうして間違いなのかまで載っています。そこまで見て復習することで選択肢の範囲まで覚えることができるんです。

 

また、数学などの暗記系でない科目は大問別を利用して問題をひたすら解いていました。解いていくうえで躓いた所があったらその範囲が乗っている教科書のページを総復習、そしてまた問題を解く~という動きを繰り返していました。

 

鵜呑みにしないようにと言いましたが、一つだけ確かなことがあります。それは直前期において「勉強量が物を言う」ということです。直前に勉強したことって試験までにそこまで忘れないですよね。当たり前ではありますが。

 

センターまで残りわずか、その後には私大試験や国公立二次試験が待っています。ここからは本当に時間の使い方が重要になってきます。悔いのない受験生活を送って下さい。

 

それではまた。

明日のブログ担当は角田先生です。お楽しみに。