センターまで1週間!緊張した時の対処法紹介! | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2018年 1月 7日 センターまで1週間!緊張した時の対処法紹介!

こんにちは!担任助手の石田です。

もう冬休みも終わりに近づき、残り、祝日をあわせ2日となりました。

2週間程度の短い休みではありますが、みなさんはどう過ごしたでしょうか?

朝ゆっくり寝てたり、夜更かししたりしてはいませんでしたか?

そういった反省も踏まえて、もう一度自分の生活習慣、学習状況を振り返ってみましょう。

また学校が始まると思うので、新年、スイッチを入れ直して2018年をどういった年にしたいかという目標を持って、過ごしていけたらいいですね。

そして冬休みが過ぎ、いよいよセンター試験まで1週間を切りました…

大学受験において、人生において一つの分岐点となる大きな試験です。

だからこそ、それはそれは緊張するわけですね。

私も受験をしたのが昨年のことなので、あの緊張感は鮮明に覚えています。

かといって緊張していて点数が落ちてしまった、なんて絶対に避けたいことです。

というわけで今日のテーマセンターまで1週間!緊張した時の対処法紹介!」です。

実は、とっておきの緊張のほぐし方があるのでここでお伝えしたいと思います!

私が中学生のとき、当時サッカー部の部長だった友達から教えてもらったやり方なのですが、親指と人差し指の付け根をもう片方の手でつまむという方法です。

聞いた話だと、ツボがあるようで試合前の緊張をほぐすために毎回やっているといっていました。

自分もセンター試験当日これ、やっていました。

自分にとっては大切な試験、試合前には必ずやっているので、願掛けという意味もありますね。

とっておきの方法なので、皆さんもぜひ試してみて下さい!

あとは、これからの学習で役立つのは「眠くなった時の対処法」だとおもいます。

私が今年度、東進の受験生が夏に有志で参加する夏期合宿というイベントにスタッフとして参加した時にお会いしたあの有名な英語教師、今井宏先生が言っていた方法があります!

先生がおっしゃっていたのは、指先をもう片方の手で一本ずつつまんでいくというものです。

それでも眠い場合は腕を伸ばし、前腕部の親指側の筋肉をもう片方の親指でぐっと押すという方法があります。

これはちゃんと腕を伸ばすとほんとに痛いので、目も覚めると思います!

勉強を集中して続けたいのに、なかなかできないという生徒の皆さん、これも試してみて下さいね。

センターまでの残りの日数を含め、最後まで全力でサポートしていきますので、みなさんも頑張っていきましょう!

今日のブログは以上!


 

明日のブログは麻生先生です。お楽しみに!