センターの問題、解く順番とか決めてる? | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2016年 11月 27日 センターの問題、解く順番とか決めてる?

 

こんにちは!担任助手の染谷です。

暖かい飲み物がおいしい季節になりましたね。

とても寒いですが、

体を温めて元気な日々を送りましょう!!

さて、本日お話したいのは「センター試験」についてです。

皆さん、センター試験の過去問を解いていて、

「時間が足りない!」

って思うこと、多くないですか?

その悩み、もしかしたら問題を解く順番によって解決できるかもしれません!

今日は「英語」の解く順番についていくつか例を紹介したいと思います。

①とくに苦手分野のない方

大問1から順番に解く。

マークミスを防げます!また、発音・アクセント問題がウォーミングアップにできるという利点があります

②長文が得意な人

大問5または大問6から戻っていく。

だんだん文章の長さが短くなっていくので、集中力が切れにくいです。また、得意分野から解くことで、自信にもつながります。マークミスの危険があります。

③いつも時間が足りず、長文問題まで手が回らない人

大問3から解きすすめ、試験時間終了の20分ほど前に大問1,2に戻る。

文法問題に時間をかけすぎて、配点の高い長文問題に手が回らなくなることを防ぐことができます。

これらはあくまで一例なので、皆さんぜひ自分にあった解く順番を確立していきましょう!

 

★校舎からのお知らせ★

【冬期特別招待講習】

現在、東進に通っていない生徒の皆さんに

最大3講座(1講座5つの授業です。)

無料で体験していただくイベントです。

申し込み方法は

①ウェブ

☟以下のリンクから申し込みできます。

②☎お電話

℡(0120―403―104)

「冬期特別招待講習希望」とお伝えください!

 
明日のブログもお楽しみにー!!