【受験生】春休みの学習アドバイス~文系編~ | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2018年 3月 21日 【受験生】春休みの学習アドバイス~文系編~

こんにちは!担任助手一年の柳沢です。

友達が春休みを利用してミャンマーに家を建てにいったり、

アメリカにボランティアに行ったり、

短期留学みたいなことをしている友達が多く、

うらやましいです!!

海外にフラッといける行動力が私にもほしい・・・!!

さて、今日は文系の受験生に向けて、学習アドバイスをしたいと思います。

春休み、、、受験生になるから何かやらなきゃ!!

という気持ちはあると思います。

その意識はとっても重要なのですが、やってはいけないことがあります。

それは自分のレベルにあってない難しい問題集に手を出し始めることです。

受験は特別なことをするのではなく、基礎問題をいかに落とさないかが最重要です

合否をも分けます

たしかに、国公立二次試験や、早慶の難関大学レベルになると、基礎問題だけでなく、

記述問題、難解・奇問が出題されます。が、基礎問題がまずできないとこれらの問題は解けませんよね?

では、何をやればいいかというと、主に3つあります

1つめは自分の苦手な分野を克服することです!

ちなみち私は漢文の基礎が抜けているなと感じたので、

東進の漢文の受講をしていた先生が書いている、漢文の句法漢字の意味など書かれた本を買い、

2週間ほどで終わらせ、その後、夏休みや模試の復習などの際復習して、

結果的に何周もこなしたことで、センター試験も8割取ることができました!

2つめは、日本史、世界史は授業が進まない春休みのうちに、

今まで習った範囲を総復習してください!!!

ここでも新しい参考書とかはかわず、学校でもらったもの、

自分がいままで使っていたものを使い続けてください。

私は10分間テストという世界史の1問1答を使っていました。

ぼろぼろになるまで使うことが理想です。

使い込んだ参考書をセンター試験や入試の際もって行くとお守りのような安心感がありますよ。

3つ目は国語、、、!現代文に関してです。

文系だけど現代文が苦手で、、、英語と日本史はなんとかなりそうでも国語が、、、

という声を良く聞きます。

東進で現代文の受講を取っていないまたはもう終わってしまった。

さらに学校からも現代文の参考書もらっていないという方は自分で参考書を買いましょう!!

1つ目と2つ目の話と矛盾しますが、現代文だけは、同じ問題を繰り返すというよりは、

様々な問題に触れてほしいからです

現代文の点数を延ばすためには

正しい解方を知ることと様々な問題に触れ、文章になれること、よく出題されるパターンを知ること。

です!!

みなさんもがんばってください。

何か質問があれば柳沢まで!

明日のブログは鮫島さんが大学4年間を振り返って書いてくれます!

お楽しみに~~