【マスター5冠・9冠】マスターただやるだけになっていませんか? | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2018年 1月 26日 【マスター5冠・9冠】マスターただやるだけになっていませんか?

 

こんにちは!
担任助手3年の大石です!
 
大寒波襲来ですね、とても寒すぎます。笑
でもってインフルエンザの患者数が統計取り始めてから過去最多らしいです。
インフルエンザの波にのまれないように、手洗いうがい徹底と、暖かい格好が大事ですよ〜
女子高生の生足が寒そうすぎて見てるこっちまで寒くなります…笑
 
さてさて、本日はマスターのお話です。
12/31新高3生は5冠新高2生は3冠を達成して、次は3/31までに新高3生は9冠新高2生は5冠を目指してがんばっていることでしょう。
(そもそも5冠・3冠していない人、もし、万が一いるならそれはもうスーパー急がないとですよ!!)
 
ただそこで質問です。
 
以前完修したセンター1800、最後に触ったのはいつですか?
でもって、今修判受けたら合格できますか?
 
完修してからほぼ触れずに次に行っている人、要注意ですよ!
 
そもそもなぜ私たちは今こんなに必死にマスター頑張っているんでしょうか。
 
単語とか熟語とか文法を覚えるためですよね?
数学に関しても、計算力上げてより難しい問題を解けるようになるためですよね?
 
で、もっと言えば、それは何のためにやっているかと聞かれれば、それは英語や数学の成績を上げるために必要だから、今頑張ってるんですよね?
 
つまり何が言いたいかというと、「完修するためにマスターやっていませんか?」ということです。
 
たしかに完修することで、一度そのマスターの内容はほぼ覚えたことになります。
 
しかし人間の記憶というものは徐々に忘れられてしまいます。
それは修判とかでもよく分かってると思います。
 
残念ながらマスター完修後も継続して勉強しなければ普通に忘れます。
 
あんなに頑張って覚えた単語たちをもう一回覚え直すとか考えるだけで嫌になってきちゃいますよね…
 
しかし!
 
マスターも「メンテナンス」していれば、単語が大量にごそっと抜け落ちるということはありません!
具体的に「メンテナンス」の量としては1日に1種類につき修判1回〜3回分が目安かなと思います。
もちろん人によってはもっと必要な人もいると思いますが… そこは担任の先生に聞いてみてください。
完修目指してた頃はもっとやっていたと思うので、少ないと思った人もいるかもしれませんね。
それがある意味「完修」の効果かなと思います。
 
大事なのはメンテナンスを毎日行うこと!!
 
継続は力なり、です。
頑張っていきましょうね!
 
 
明日のブログ担当は楢戸先生です!
明日のブログもお楽しみに☆